読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『Laundry ランドリー』 

井浦新が実録物的な作品への出演が多いのに対し、
窪塚洋介は、ファンタジー的作品への出演に偏っています。

そういう二人を共演させると、非常にバランスがいいんですが、


Laundry ランドリー』
実に、ファンタジーしてます。

窪塚洋介、アホ役が多いんですが、この作品では知的障碍者の役です。
いつもとあんまり変わりません。

この映画では小雪が結構きれいです。

「この水たまりを飛び越えられたら、わたしは違う国に行ける」

男にだまされて以来、自己抑制できない盗癖に悩まされる女の変身願望。

『GO』

朝鮮学校での行進練習から逸脱して、河原を走りジャンプする窪塚洋介



映画を見るってことは、1時間46分間での変身願望の充足といってもいいのかもしれません。

だから、「変わりたい」「別の人間になりたい」「新しい世界に行きたい」と願う登場人物には容易に共感できるのでしょう。

そういう視点から見ると、在日を扱った映画も、盗癖を患う女の映画も同じなのかもしれません。

小雪の実家が西伊豆の松崎で母親が眼鏡会計ババァという設定。

あまちゃん』役者が主人公の親を演じる確率は、わたしが見る映画においては無茶苦茶に高い。


この映画、境界線の向こう側に行くことを希求する映画ですから、橋、陸橋のシーンにやたらとこだわりがあるようです。
この橋は、吉本ばなな原作・牧瀬里穂主演『つぐみ』でも撮影されました。


この作品の監督森淳一の次回作は、橋本愛主演松岡茉優共演の『リトル・フォレスト』だそうで、
ほんと、映画業界って、人口数千人の小さな村なんでしょう。

小雪を魅力的に撮ったみたいに、ユイちゃんと埼玉のことをしっかりお願いいたしたいとこです。

広告を非表示にする