「おにいちゃんのハナビ」2

基本的に、自分は、男の俳優を褒めない。

それはつまり自分が、ホモでないから、男はどうでも言いというのが有るし、
いい男を見ると、少々悔しかったり対抗意識を感じたりする。


それでも、高良健吾は、いいよな。ほんと、作品によって役を演じ分けている。
そのカメレオンぶりは確かに谷村美月と似たところがあって、

そんな理由もあってか、「おにいちゃんのハナビ」の現場での息もぴったりだったそうだ。


カメラの回っていない状況でも、ほとんど役と同じ気持ちが出来ていて、急に兄妹に変わる必要がなかったそうだ。



上の写真は、映画公開にあわせての営業活動のものだが、
兄妹に見えなくもない。

顔似ているというよりも、漂わせているオーラが似ている。

実際の家族構成では、谷村が姉で弟がいる。高良は弟で兄がいる。

自分は、弟で姉がいるのだが、
その結果付き合う相手では、姉の人とは大抵うまく行く。妹の方とは、大抵にその内無理が生じる。
そんな事を繰り返していると、姉の人の雰囲気とか妹の空気みたいなものにやたらと敏感になってきた。

谷村美月は、自分には、ふつうに姉に見える。
そして、この二人は、姉と弟にみえるのですね。
映画の中では、兄と妹に見えていたのですが、
この映宣の営業の時の写真では、姉弟に見えるのです。

広告を非表示にする