映画の見方

最近は映画見ることほとんどなくなりました

2017-05-23から1日間の記事一覧

岡田和人のスクリーントーン

嫌な見方をすれば、岡田作品は、 舞台設定の使いまわし、少ない資料の使いまわし、物語の使いまわし、台詞の使回し、 あふれ出るような才能とは無縁の作家、 そういう見方が可能なのかもしれませんが、 わたしからすると、これらの使いまわしによって、ほん…