映画の見方

最近は映画見ることほとんどなくなりました

2011-04-02から1日間の記事一覧

意志の勝利

昔の人間って 馬鹿だと思っていたんですよ。 動いている映像見たら、そこに映っているものなんでも信じてしまうような馬鹿ばっかりと思っていた時がありました。 だから第二次世界大戦とか共産主義革命とかろくでもないことが起きたのだろうと、わりに最近ま…

スウィングガールズ3

この元野球部の男って、物語の狂言回しなんですが、 なんというか、 彼の姿って、典型的な青春物語のパロディーなのですね。 とにかく燃焼したい、走り出したい。 でも、三振した場面で、それ以上赤方向に走ることが出来なくなってしまい、 ちょっとこじつけ…

タクシードライバー 映画は異常人への共感をどのように強いるのか1

以下の内容を読まれるのでしたら、こちら(映画の抱えるお約束事)とこちら(映画の抱えるお約束事2 日本ガラパゴス映画)をどうぞ。当ブログの理論についてまとめてあります。 主人公が一般社会の一般的道徳原理を遵守するようなヒーローである場合は、よい…

第三の男 画面を傾けること・その1

階級社会というのは、基本的に大衆が馬鹿にされるのが普通です。 中国に行くと低学歴者はどこに行ってもまともに扱ってもらえませんし、インドに行くと肌の色が違うと人間扱いもされません。イギリスはと申しますと、大衆のレベルはこの程度と見切ったような…