読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『あまちゃん』  実は、忠兵衛さんって津波で死んだ人の比喩だよね 『過去を持つ愛情』

2013年10月11日
頭のよくない方々のために、あらかじめ言っておきますが、
基本的にドラマって、現実の比喩でしょ。

忠兵衛さんが死者の比喩とか勉さんには座敷童のイメージが憑りついているとか、そんな奇異なことですか?

忠兵衛さんは実は幽霊だと分からないと『あまちゃん』は理解できない、なんて私は書いてないですけどね。





154話

「沖さ行っちまった。黙って行っちまった」


仏壇に遺影飾ってあるとか、一年間に十日間だけ帰ってくるとか。


最後はポルトガルリスボンからスカイプしてる忠兵衛さん。




暗いはしけ アマリア・ロドリゲス

薬師丸ひろ子の熱唱の回の元ネタ。



「あなたの黒い舟は波間の光の中で踊っていた 浜の老婆たちは あなたが
 もう帰ってこないという

 みんな あなたはいつも私と一緒にいると言ってくれる
 風の中 水の中 ともしびの中に寝台のぬくもりに 空いた腰掛けに私のこの胸の中にいつも
 あなたは私と一緒にいる」



NHKはインテリ多いね。
それ以上にクソも多いんだろうけどさ。