味覚を味覚以外で表現すること

  


グルメ漫画の類って、疑問に思ったことないですか?

漫画読んでいても、味分かりません。
更に言うと、匂いもありませんし、音もありません。手で触れることも橋でつまむこともできないですし、あったかさとか冷たさもわかりません。
一応目で見てわかるんですけど、白黒で色ないですし、しょせん漫画で、実物のくいものと違うじゃないですか。

そんなもん見て、何が面白いのよ。とか思うんですけど、グルメ漫画って、面白いもんは面白いんですわ。


花のズボラ飯

本当のこと言うと、何やったところで、漫画で食い物を表現することってできないんですから、
主人公の食欲をひたすら描き、その食欲に読者を共感させることで、「グルメ」漫画(最もずぼら飯ですけど)を成り立たせようと割り切ったところが、清々しいと私には思えます。

全然うまそうじゃないんですけど、食欲に関しては、実に清々しい。

多かれ少なかれ、グルメ漫画は、このテクニックを用いています。
主人公の食欲を描くこと、または主人公の満足感を描くことで、
食べ物そのものを描く事の代わりにしています。

手塚治虫文化賞の短編部門の『酒のほそ道』もよくやる手です。

美味しんぼ』は、ストーリーをがっしりと作り、薀蓄を山ほどのべ、料理の視覚的インパクトを表現するために、料理だけいきなり劇画調で表現する等、ある意味漫画っぽくないんですけれど、

食欲を表現することで、料理の味の表現に代替するテクニックを使うことも時々あります。



こういうの見てしまうと、食欲と性欲って、核の部分では似たようなもんなんだな、と。



フランソワ・トリフォー監督作の『野生の少年』で取り上げられた、アヴェロンの野生児ですけど、

幼児の時に、人間社会から隔絶されてしまい、言葉を覚えることもなく生きて中年で死んだ人なんですが、
この人は、映画の中では少年期のことしか描かれていないですが、
実話だと、大人になって、性欲が高まって来ていたはずの年齢では、何かただそわそわして、怒りっぽくて、性欲をどう扱っていいのかわからなかったそうです。

人間って、性欲の使い道を教えてもらわないと、うまく使えないらしいんですね。
性欲は、強姦とかそういう破壊的な使い方をしてはいけない、相手の同意を得ないといけない、殺伐としたあり方でなくちゃんとしたコミュニケーションの形を取らないといけない、そういう風に社会的に教育を受けないと、うまく使えないものらしいです。

性欲と食欲が似通っていると、数行上で私は書いていますけれども、
食欲は、へその緒が切れた瞬間から私たちは持っています。私たちにとって食欲とは性欲より自然で馴染みのあるものらしいです。
だから、性欲を表現するときに、「飢えてる」とか「喰っちゃった」とかの食べる事に関する語彙を使うでしょ?
それに対して、食べることに対してセックスの語彙を用いることってあります?
「牛丼でシコった」とか、「焼肉でエクスタシー」とか、ないでしょ?そういうの。

広告を非表示にする