おっぱいみたいな顔

この回は、新生児の視覚の発達について。

生まれたときの子供が見ている光景と、大人が見ている光景はぜんぜん違う。生まれたときには、視力が弱い以外に、目のピントを合わせることもろくに出来ない。それに遠近法について理解していない。新生児が知覚する光景は、光の雑多な流れのようなものであり、それは音と共に揺れたり瞬いたりする。赤ちゃんが、ちゃんとものを正しく見ることが出来るようになるには、脳の中にものを見るためのプログラムをくみ上げないといけない。そのためにはけっこう時間がかかるのです。



それでも一日一日と知覚は進歩してゆき、最初は母親の乳房を視覚認識できるようになる。

乳首、乳輪、乳房の三重の同心円。ヒトが最初に接する幾何学模様。そして新生児は、自分を養ってくれるおっぱいが大好き。

その後しばらくして、より長い距離を視覚認識できるようになると、乳房が二つあることが分かるようになる。これはヒトが最初に認識する左右対称の形。

また乳首を目にたとえるなら、ヒトが最初に認識する顔の形なのかもしれない。

生後三ヶ月に至り、ようやく抱きかかえられた時の顔と顔の距離を視覚認識できるようになる。その距離約50センチ。ヒトが最初に顔に興味を示すのがこの頃。

でも本当のところ、表情の機微を子供が読み取っているわけでないことは有る実験で証明されている。この段階の子供は、とりあえず顔くらいの大きさの丸い物を見せられると、何はともあれ笑うそうだ。つまり自分を養ってくれているママの乳房の相似形に愛着を感じているに過ぎない。

正直言って、丸けりゃ、丸いほどいい。脂肪がのってたっぷりと高カロリーの母乳を出してくれる乳房の方が新生児には好ましい。
だから新生児の好む顔は肉付きも豊かな丸い顔なのである。けっして過度なダイエットで鋭角な線の目立つ顔ではない。

お前の顔チンポだよね、って酒の席で言ったら、即殴り合いだろうか?
でも、あなたの顔おっぱいみたい・・・・女の人どんな感じだろう?そんなに嫌な気がするものだろうか?


子供はどんな顔がすきかといえば、おっぱいみたいな顔が好きで、それも豊かで栄養たっぷりな形をした顔が好き。
どうして子供がかくもアンパンマンが好きか、とかドラえもんが好きかとか、ミッキーマウスやスノーマンも同じ顔をしている、都下にはそのような理由があると考えられている。

子供の頃に見られるこの手の顔のタイプの嗜好は、年をとるに従い変わっていくが、本来に人間は、丸顔が好きで、男が好む女の顔は丸顔が正しい。

小池栄子の顔は生物学的に正しい。

たぶん、あの胸も生物学的に正しい。

広告を非表示にする