「トリハダ」 谷村美月

菅野美穂も、「富江」「催眠」「エコエコアザラク」とエグい役たくさんやっていますから、
谷村美月がホラー系に出演が相次いだからといって、それが将来の可能性を限定するというような事はないはずですが、

しかし、それでも、毎度毎度ギタギタにされていると、この人なんか変なんじゃないか?と思うようになるのが普通だと思うのですが、皆様どうでしょうか?

まだ齢そんなにいっていないですから、恋愛ものへの出演がほとんどないのはまあいいのですけれど、
この人、自分からすすんでホラー系に出ているんじゃないか?嬉々としてギッタギタにされているんじゃないか、と自分は思ったりします。

思春期に自分の胸が大きくなっていくにつけ、男のいやらしい視線に耐えられなくなり、過食症や拒食症になる女の子はいますけれど、そういう女の子達は、そうやっていやらしい視線の対象になる事から逃れようとしているのでしょう。

この人の場合、メタメタのギタギタにされることで、男の獣じみた欲望の対象になる事を避けようとしているのではないか?
自分は、かなりまじめにその可能性を考えております。

谷村美月が恋愛系の仕事してるイメージはほとんどありません。
一番の愛情ものが「おにいちゃんのハナビ」ではありませんか、あれを恋愛といっちゃダメだと思いますが。


よくよく考えてみると、20代以降の女優がみんな恋愛ものを演じる事を生業としているかというと、そうでない人も大勢いて、
菅野美穂も恋愛系のイメージはありません。
上野樹里の場合も「のだめ」を恋愛ものと言わないなら、恋愛ものって演じた事あるんでしょうか?

しかし、まず主役をはれるようにならないと、恋愛ものってどのみちやってこないですから、
谷村美月の場合は、まずメジャーものの主役のオファーが来るようになるのが先でしょう。

いつまでもメジャー系だと脇、ホラー系だと主役、それだと見ているこっちがつらくなってきます。

広告を非表示にする