読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡田和人

蚕糸の森公園のトイレ

昔、わたしは、杉並区阿佐ヶ谷に住んでいました。蚕糸の森公園というのが地下鉄の駅のそばにあって、その公園に隣接する小学校が室内プールを授業のない時間は一般人に開放していました。 そこにちょくちょく行って泳いでいました。懐かしいです。 そしてそ…

『いびつ』

格口啓吾が森高円が入浴のために脱衣中を覗く。 いきなり、この三枚のコマ見せられると、柿口さんの描き方の振り幅から、別の二人が彼女を見ているように錯覚しないでしょうか? わたくし、毎回毎回、『いびつ』を再読するときにテーマを決めて行うのですが…

『いびつ』 柿口啓吾のキャラ凝縮感

『すんドめ』はヒロイン・早華胡桃のキャラクター凝縮感が魅力の源泉だとすると、その次作『いびつ』の魅力は、実のところヒロインではなく、ヒーローの柿口啓吾のキャラクター凝縮感にあるのではないか?と、 『いびつ』を何度も繰り返し読むうちに思うよう…

『すんドめ』 早華胡桃のキャラクター凝縮感

『ほっぷすてっぷじゃんぷッ!』と次の作品『すんドめ』では、いろいろ異なる点があります。それらは改善されたというべきなのかもしれませんが、 ほっぷすてっぷじゃんぷッ! コミック 全9巻完結 [マーケットプレイスコミックセット] 作者: 岡田和人 出版社/…

岡田和人作品のキャラクターについて

岡田和人作品リスト 天使が来たりて頬たたく(『AKIRA』代理原稿、特別読み切り、週刊ヤングマガジン(講談社)1990年3月19日号No.14掲載) 教科書にないッ!(ヤングチャンピオン(秋田書店)ー2002年19号) 成仏しませぅ(コミックバーズ(スコラ、ソニー…

『いびつ』 岡田和人

『いびつ』は、あらすじ的に語るなら、 幼いころ母親が蒸発した故に、女性に対する感情をこじらせた主人公・柿口啓吾は、生身の女体に反応できず、唯一の趣味がリアルな女体の人形作り。 そこに理想的な容姿の女子高生・森高円が現れ、彼の人形のモデルをひ…

このマンガが好きすぎて困る

映画を見もせず、PC上で読んでるマンガをプロジェクターで100インチに拡大して読んでる。 更には一コマずつ分解して、スライドショーにして見てる。 更には、こまの順番並べ替えて見たりしてる。 岡田和人の『いびつ』について語れと言われれば、五時間ぶっ…

岡田和人『いびつ』   密室どん詰まり恋愛系

キンドルで期間限定無料お試しマンガというのがあります。 知名度の低いマンガや、知名度はあるけど長編すぎるとか、有名だけど古典化して あまり読まれることのないマンガの一巻目とか二巻目を一か月程度の期間ただで公開しているサービスなのですが、 わた…