映画の見方

最近は映画見ることほとんどなくなりました

2017-06-16から1日間の記事一覧

『血の轍』

キャラクターを数人しか描き分けることのできない漫画家って結構いるじゃないですか。だいひょうてきなのがかわぐちかいじでしょうかな。 でも、キャラクターを数人分しか書き分けることができないのを逆手にとって物語に厚みを出すことに成功してる人って、…

同じ手法、同じポーズ、同じ台詞、同じ小道具、同じ展開、同じテーマ、 岡田和人と押見修造の作品を突き合わせると、いくらでもそんなのが出てきますが、 さすがに、『ぼくは麻里のなか』(押見修造作)の副主人公にはびっくりしました。 名前が柿口依だそう…